ママのための歯科医院~妊婦でも子連れでも安心治療!~

深夜営業が少ない理由

医療用具

日本にはコンビニエンスストアよりも歯科の数が多いと言われています。しかし深夜の遅い時間帯まで営業している歯医者はほとんどない状況です。越谷でも深夜営業を行なっている歯科はほとんどありません。なぜ、救急病院のように24時間体制で患者をみることをしないのでしょうか。深夜の遅くに歯が痛くなって、寝ることも出来なくなったらどうしたら良いのでしょうか。仕事の関係で、越谷の歯医者に行く時間を深夜しか作れないビジネスマンはどうしたらいいのでしょうか。歯医者が深夜営業をしない理由はいくつか考えることができますが、一番の理由は歯科医の体力の問題でしょう。

歯医者という職業は意外と体力を使います。患者が治療のための椅子に横になっている間も、治療に使う器具や設備の準備、さらに虫歯の治療は細かい作業なので集中力が要求されます。目も疲れてきます。そのため、夕方で営業を切り上げて翌日の診察や治療のために体力を温存している歯医者が多くいます。
また、患者さん側にも理由はあります。深夜の遅い時間帯に歯医者に来る患者さんは症状が酷い人がほとんどです。軽い痛みしかない人はわざわざ深夜営業の越谷の歯医者には行かず、翌日に行きつけの歯医者に行くことでしょう。そのため、深夜営業中は重症の患者が多くなるのです。重症の患者が多いというとこは、スタッフの数も多く必要になります。そのため、越谷では深夜営業を行なっている歯医者が少ないのです。もし、深夜に歯が痛くなったときは、応急処置で痛む箇所を氷で冷やすことをおすすめします。それでも我慢できない場合は、深夜営業を行なっている越谷の歯科を探しましょう。